31歳ほぼ未経験からIT業界へ転職。備忘録と勉強になればと思いサイトを立ち上げました。

IT技術のあれこれ

docker

VirtualBoxにdockerをインストール

投稿日:

VirtualBoxにdockerをインストールする方法を備忘録として残していきます。

 

環境

ホストOS:Windows10pro
VirtualBox:6.1.8 r137981
ゲストOS:CentOS7

 

 

dockerのインストール

VirtualBoxのインストール、CentOSのインストールで設定したCentOSにdockerをインストールしていきます。

dockerには「docker-ce」と「docker-ee」があります。

docker-eeは「Enterprise Edition」としての商用版で、有償となるようです。

一方、docker-ceは、「Community Edition」として、無償版となるようです。

※詳細については、後日調べようと思います。

 

docker-ceのインストール

dockerのインストール

yum -y install docker-ce

インストールしようとしたら、エラーが表示されてインストールができませんでした。

docker-ceをインストール前に、パッケージのインストールとリポジトリの追加が必要なようなので追加していきます。

 

前提のパッケージのインストール

yum install -y yum-utils device-mapper-persistent-data lvm2

 

リポジトリの追加

リポジトリの追加前に確認します。

ls -l /etc/yum.repos.d/

追加後に追加される、「docker-ce.repo」がないことを確認します。

 

リポジトリを追加します。

yum-config-manager --add-repo https://download.docker.com/linux/centos/docker-ce.repo

 

リポジトリが追加されたことを確認します。

ls -l /etc/yum.repos.d/

docker-ce.repoが追加されたことを確認します。

 

dockerのインストール

yum -y install docker-ce

 

インストール後に、インストールされたdockerのバージョンを確認します。

dockerのバージョン確認

docker --version

 

バージョンが表示されました。

Docker version 19.03.10, build 9424aeaee9

 

サービスの自動起動有効化

サーバが起動した時に起動するように設定します。

systemctl enable docker

 

サービス起動

dockerサービスを起動します。

systemctl start docker

 

サービスの起動確認

dockerサービスが起動されたことを確認します。

systemctl status docker

 

 

エラーメッセージの表示

FRONTIERのノートPCで、VirtualBoxとdockerをインストールしたところ、VirtualBox上でCentOSを起動するたびに、以下のエラーメッセージが表示されるようになりました。

「Welcom to emergency mode! After logging in, type "jouralctl -xb" to view system logs, "systemctl reboot" to reboot, "systemctl default" to or ^D to try again to boot into default mode. Give root password for maintenance」

 

元々、以下のエラーメッセージは表示されていたのですが、起動自体はできていたので、気にしていませんでした。

「this hardware has not undergone upstream」

 

試しに、デスクトップで同じVirtualBoxと、同じisoイメージファイルでdockerをインストールしてみたところ、エラーメッセージは全く表示されませんでした。

 

ノートパソコンでも、rootのパスワードを入力すると普通にログインはできるので、原因を調査していきたいと思います。

 

アップデートの実施

yum update

アップデートすることで、VirtualBoxのログイン画面にエラーメッセージが表示されなくなりました。

おすすめ商品

-docker

Copyright© IT技術のあれこれ , 2021 AllRights Reserved.