31歳ほぼ未経験からIT業界へ転職。備忘録と勉強になればと思いサイトを立ち上げました。

IT技術のあれこれ

ITパスポート

ぺんぎん流【過去問の対策方法】

更新日:

ITパスポートに1ヵ月で合格するまでの道のりで、過去問をとにかく解くことが大切と解説していますが、ITパスポートは、1問1問考える問題よりも、暗記が中心の試験となっていて、過去問から出題される問題がかなりありました。

スポンサーリンク

そのため、極端なところ、過去問対策をしっかりとやっておけば、過去問だけでもかなりの得点が取れると思います。

 

【ITパスポート】過去問対策サイト

ぺんぎんが過去問を解くために使用したサイトは【ITパスポート試験ドットコム】です。

GoogleやYahooで

「ITパスポート 過去問」

と、検索すると「ITパスポート過去問道場」と表示されると思います。

ITパスポート試験ドットコムの優れているところは、過去問を解けるのは当然ですが、ぺんぎん流【過去問の対策方法】でとても大切にしている【回答に解説がある】ところなんです。

 

ぺんぎん流の問題の解き方

itpass_kakomon

 

この手順を繰り返して問題を解いていくだけです。

これに参考書を読みながら平行に進めていくと、理解度と正解率が格段に上がっていきます。

分からない問題は無理に解こうとせずに、解説を見て正しい答えをちゃんと覚えることが重要です。

間違った回答を選んで、「あれ?どっちが正解だったっけ?」となるよりも、分からない時は解説を見てしっかりと覚えることが大切です。

 

どんな手順で覚えていくか、実際に例題を見ながら解説していこうと思います。

過去問の覚え方

【例題1】

スキャナで写真を読む時の解像度を表す単位はどれか。
A.pt
B.dpi
C.pixel
D.bps

正解.B

 

【例題2】

1100を10進数で表すと正しいのはどれか。
A.C
B.2
C.12
D.11

正解.C

 

正しい回答を覚える

正解以外の選択肢は無視して、正しい回答だけを覚えていきます。

最初は回答を全部覚えようとしていたのですが、それはとても効率が悪いと気付きました。

 

今は正解しか書いていませんが、【ITパスポート試験ドットコム】だと、回答にとても丁寧な解説がついているので、問題が分からない時は解説を見て、正しい回答を覚えていきます。

これを繰り返していくと、サイクロン(竜巻)のような感じで、少しづつですが確実に定着していき、まるで竜巻のような感じで回答できるようになっていきます。

最初は分からないのは当然なので、落ち込まずに根気よく、何度も何度も問題を解いていって下さい。
ある日、突然答えが分かる日がくるはずです。

ちなみに、2016年11月時点では、ITパスポートの試験問題出題数は100問ですが、ぺんぎんが過去問を解いた回数は100回近くはこなしてると思うので、問題数だと10000問近く問題を解いたと思います。

おすすめ商品

-ITパスポート

Copyright© IT技術のあれこれ , 2021 AllRights Reserved.