31歳ほぼ未経験からIT業界へ転職。備忘録と勉強になればと思いサイトを立ち上げました。

IT技術のあれこれ

Linux

nginxのインストール

更新日:

VMwareのCentOSにnginxをインストールするまでを備忘録として残していきます。

AWSへnginxをインストールする手順も別のページで紹介していきたいと思います。

 

動作環境

VMware Workstation 15
VMwareESXi6.7.0
Windows : 10
Linux : CentOS7

Windows10にVMware Workstation 15 Playerをインストール、VMware Workstation 15 Player上にVMwareESXi6.7.0をインストールして、CentOS7を稼働させています。

VMware Workstation 15 PlayerのインストールはVMwareインストール参照(記事内ではVMware Workstation 12.5 Playerですが、同様の手順でインストールできます)

 

CentOSのリポジトリの設定

初期設定ではリポジトリに設定がないため、初期設定のままyumコマンドを実行すると失敗するようです。

viコマンドでnginx.repoを編集します。

sudo vi /etc/yum.repos.d/nginx.repo

最初は以下のように記述しましたが、失敗しました。

nginx.repoの設定内容

name=nginx repo
baseurl=http://nginx.org/packages/mainline/centos/7/$basearch/
gpgcheck=0
enabled=1

 

記述方法を修正して、[nginx-stable]、[nginx-mainline]の項目に修正して、再度実行してみました。

 

再度nginx.repoを設定

[nginx-stable]
name=nginx stable repo
baseurl=http://nginx.org/packages/centos/$releasever/$basearch/
gpgcheck=1
enabled=1
gpgkey=https://nginx.org/keys/nginx_signing.key

[nginx-mainline]
name=nginx mainline repo
baseurl=http://nginx.org/packages/mainline/centos/$releasever/$basearch/
gpgcheck=1
enabled=0
gpgkey=https://nginx.org/keys/nginx_signing.key

 

yumコマンドでインストール開始

yum install nginx

無事、nginxのインストールが成功しました。

nginx -vコマンドでインストールしたnginxのバージョンが確認できます。

【注意事項】
サイトで紹介している内容・手順については、公式サイトの解説ではなく、個人的に設定した手順になるので、インストール・設定・変更などの作業をする際は自己責任でお願い致します。
当サイトではいかなる理由があっても、一切の責任は負いませんので、ご了承ください。

スポンサーリンク

おすすめ商品

-Linux
-

Copyright© IT技術のあれこれ , 2021 AllRights Reserved.