31歳ほぼ未経験からIT業界へ転職。備忘録と勉強になればと思いサイトを立ち上げました。

IT技術のあれこれ

Linux

CentOS7でのユーザの追加

投稿日:

スポンサーリンク

CentOS7でのユーザの追加方法を備忘録として残していきます。

 

 

環境

VMware:VMware Workstation 15 Player
OS:CentOS7

 

CentOS7でのユーザの追加

ユーザ確認

ユーザを追加する前に、作成前のユーザを確認します。

cat /etc/passwd

 

ユーザの一覧が表示されました。

root:x:0:0:root:/root:/bin/bash
bin:x:1:1:bin:/bin:/sbin/nologin
daemon:x:2:2:daemon:/sbin:/sbin/nologin
adm:x:3:4:adm:/var/adm:/sbin/nologin
lp:x:4:7:lp:/var/spool/lpd:/sbin/nologin
sync:x:5:0:sync:/sbin:/bin/sync
shutdown:x:6:0:shutdown:/sbin:/sbin/shutdown
halt:x:7:0:halt:/sbin:/sbin/halt
mail:x:8:12:mail:/var/spool/mail:/sbin/nologin
operator:x:11:0:operator:/root:/sbin/nologin
games:x:12:100:games:/usr/games:/sbin/nologin
ftp:x:14:50:FTP User:/var/ftp:/sbin/nologin
nobody:x:99:99:Nobody:/:/sbin/nologin
avahi-autoipd:x:170:170:Avahi IPv4LL Stack:/var/lib/avahi-autoipd:/sbin/nologin
systemd-bus-proxy:x:999:997:systemd Bus Proxy:/:/sbin/nologin
systemd-network:x:998:996:systemd Network Management:/:/sbin/nologin
dbus:x:81:81:System message bus:/:/sbin/nologin
polkitd:x:997:995:User for polkitd:/:/sbin/nologin
tss:x:59:59:Account used by the trousers package to sandbox the tcsd daemon:/dev/null:/sbin/nologin
postfix:x:89:89::/var/spool/postfix:/sbin/nologin
sshd:x:74:74:Privilege-separated SSH:/var/empty/sshd:/sbin/nologin
mysql:x:27:27:MySQL Server:/var/lib/mysql:/bin/false

 

ユーザ名だけを確認したい時は、色々と表示させる方法があるようですが、以下のコマンドを試してみました。

cut -d: -f1 /etc/passwd

 

ユーザ名だけが表示されました。

root
bin
daemon
adm
lp
sync
shutdown
halt
mail
operator
games
ftp
nobody
avahi-autoipd
systemd-bus-proxy
systemd-network
dbus
polkitd
tss
postfix
sshd
mysql

 

ユーザ追加

useraddコマンドで、ユーザを追加します。

useradd ユーザ名

 

ユーザ名「test01」を追加します。

useradd test01

 

ユーザの確認をします。

cut -d: -f1 /etc/passwd

 

「test01」ユーザが追加されました。

root
bin
daemon
adm
lp
sync
shutdown
halt
mail
operator
games
ftp
nobody
avahi-autoipd
systemd-bus-proxy
systemd-network
dbus
polkitd
tss
postfix
sshd
mysql
test01

 

passwdコマンドでパスワードを設定します。

passwd ユーザ名

 

「test01」ユーザのパスワードを設定します。

[root@localhost ~]# passwd test01
ユーザー test01 のパスワードを変更。
新しいパスワード:←新しいパスワードを入力します。
新しいパスワードを再入力してください:←再度、新しいパスワードを入力します。
passwd: すべての認証トークンが正しく更新できました。

 

TeraTermから、作成したユーザで接続してログインすることができました。

 

ユーザにrootへの昇格権限の追加

ユーザを「wheel」グループい追加します。

usermod -G wheel ユーザ名

 

「test01」ユーザを「wheel」グループに追加します。

usermod -G wheel test01

 

ファイルの編集をします。

修正前の確認をします。

cat /etc/pam.d/su

 

コマンドの実行結果が表示されました。

#%PAM-1.0
auth sufficient pam_rootok.so
# Uncomment the following line to implicitly trust users in the "wheel" group.
#auth sufficient pam_wheel.so trust use_uid
# Uncomment the following line to require a user to be in the "wheel" group.
# auth required pam_wheel.so use_uid
auth substack system-auth
auth include postlogin
account sufficient pam_succeed_if.so uid = 0 use_uid quiet
account include system-auth
password include system-auth
session include system-auth
session include postlogin
session optional pam_xauth.so

 

「# auth required pam_wheel.so use_uid」の「#」(コメントアウト)を外します。

vi /etc/pam.d/su

 

修正後の確認

cat /etc/pam.d/su

 

「#」を外しました。

#%PAM-1.0
auth sufficient pam_rootok.so
# Uncomment the following line to implicitly trust users in the "wheel" group.
#auth sufficient pam_wheel.so trust use_uid
# Uncomment the following line to require a user to be in the "wheel" group.
auth required pam_wheel.so use_uid
auth substack system-auth
auth include postlogin
account sufficient pam_succeed_if.so uid = 0 use_uid quiet
account include system-auth
password include system-auth
session include system-auth
session include postlogin
session optional pam_xauth.so

 

「sudo su -」コマンドでrootに昇格することができました。

[test01@localhost ~]$ sudo su -
[sudo] password for test01:←rootのパスワードを入力

おすすめ商品

-Linux

Copyright© IT技術のあれこれ , 2021 AllRights Reserved.