31歳ほぼ未経験からIT業界へ転職。備忘録と勉強になればと思いサイトを立ち上げました。

IT技術のあれこれ

Windows

WSL2で複数の環境を作成する方法

投稿日:

WSL2のインストールで、Ubuntuをインストールした後に、複数台の環境を作成したかったため、複数の環境を作成する手順を備忘録として残しておきます。

WSL2で複数の環境を作成

まずは、コピー元となるUbuntuの環境をエクスポートします。

Powershellを起動して、現在のWSL2の稼働環境を確認します。

wsl -l -v

 

wsl2-environment-copy-01

 

Powershellから、WSL2のエクスポートコマンドでエクスポートします。
※エクスポート先のフォルダは先に作成しておきました。

wsl --export NAME エクスポート名

 

以下のコマンドで、Dドライブにエクスポートしてみます。

wsl --export Ubuntu-18.04 D:\WSL\Ubuntu_18_04.tar
※エクスポートは約1分ほどで完了しました。

出力先のDドライブを確認してみると、tarファイルが出力されていました。

wsl2-environment-copy-02

 

エクスポートしたファイルを使用して、インポートコマンドを使用して複製していきます。

wsl.exe --import NAME インストール先指定 インポートファイル名

NAME:インポートした後に表示されるファイル名を指定
インストール先指定:インポートして作成されるインストール先を指定
インポートファイル名:インポート(複製元)となるファイル名をフルパスで指定(エクスポートしたtarファイルを指定)

 

以下のコマンドで、Dドライブにインポートしてみます。
※インスポート先のフォルダは先に作成しておきました。

wsl.exe --import Ubuntu-18.04-02 D:\WSLimport D:\WSL\Ubuntu_18_04.tar
※インポートは約5分ほどかかりました。

 

再度、稼働環境を確認してみます。

インポートが完了し、環境が2つになりました。

wsl2-environment-copy-03

 

コマンドプロンプト、Powershellからコマンドで接続します。

wsl --distribution NAME

NAME:接続したいディストリビューション名を指定

 

以下のコマンドで、複製したディストリビューションに接続します。

wsl --distribution Ubuntu-18.04-02

 

コマンドプロンプトから接続しました。

ユーザを指定しないと、rootで接続されるようです。

wsl2-environment-copy-04

 

 

 

 

おすすめ商品

-Windows

Copyright© IT技術のあれこれ , 2022 AllRights Reserved.