31歳ほぼ未経験からIT業界へ転職。備忘録と勉強になればと思いサイトを立ち上げました。

IT技術のあれこれ

AWS

AWSでIAMユーザの作成とログイン

投稿日:

AWSでIAMユーザの作成とログイン方法を備忘録として残していきます。

 

IAMユーザの作成とログイン

サービス」-「セキュリティ、ID、およびコンプライアンス」-「IAM」をクリックします。

aws_account_alias_01

 

ユーザー」をクリックします。

aws_iamuser_login_01

 

ユーザーを追加」をクリックします。

aws_iamuser_login_02

 

 

ユーザー名を入力します。

アクセスの種類で、「AWSマネジメントコンソールへのアクセス」にチェックします。

パスワードを自動、または、手動で入力します。

パスワードのリセットが必要のチェックを外します。

全ての設定が完了したら、「次のステップ:アクセス権限」をクリックします。

aws_iamuser_login_03

 

グループの作成をクリックします。

aws_iamuser_login_04

 

 

グループ名を入力して、設定したポリシーにチェックをつけます。

Administrator権限でログインしたいので、「AdministratorAccess」にチェックをつけ、グループの作成をクリックします。

aws_iamuser_login_05

 

グループが追加されました。

次のステップ:タグ」をクリックします。

aws_iamuser_login_06

 

特に何も入力せず、「次のステップ:確認」をクリックします。

aws_iamuser_login_07

 

設定内容を確認し、問題がなければ「ユーザーの作成」をクリックします。

aws_iamuser_login_08

 

 

ユーザーの作成が完了しました。

aws_iamuser_login_09

 

MFAの設定

サービス」-「セキュリティ、ID、およびコンプライアンス」-「IAM」をクリックします。

aws_account_alias_01

 

ユーザー」をクリックします。

aws_iamuser_login_01

 

作成したユーザーをクリックします。

aws_iamuser_login_10

 

認証情報をクリックします。

「MFAデバイスの割り当て」が割り当てなしになっているので、管理をクリックします。

aws_iamuser_login_12

 

「仮想MFAデバイス」が選択されているので、続行をクリックします。

aws_iamuser_login_13

 

AWS管理画面に表示されたQRコードを読み取り、スマホに表示された認証コードを2つ入力します。

MFAコード1:6桁のコード

MFAコード2:MFAコード1を入力した後に時間経過で表示された次の6桁のコード

※例

アプリを起動した時に表示された「141037」をMFAコード1に入力します。

aws_mfa_setting_20210122_04

 

右下の時計マークの時間が経過されると、次のコードが表示されます。

aws_mfa_setting_20210122_05

 

次に表示された「809855」をMFA2コードに入力します。

aws_mfa_setting_20210122_06

 

aws_mfa_setting_20210122_03

 

「仮想MFAの有効化」をクリックすると仮想MFAデバイスの設定が完了します。

aws_mfa_04

おすすめ商品

-AWS
-

Copyright© IT技術のあれこれ , 2021 AllRights Reserved.